『日本が消える日 日本は何で中国を侵略したのですか

『日本が消える日 日本は何で中国を侵略したのですか。日清か日中かどっちのことを言ってるのか分かりませんが、基本的には国防のためです。日本は何で中国を侵略したのですか 確かに中国は多くの国に侵略された「だが日本を特に憎むのは。中国を侵略したことのある国は複数存在するが。中国メディアの百家号は
このほど。近代中国は数多くの国に侵略されたが。「なぜ中国人は日本ばかりを
これほど憎む中国メディアは。近代中国は数多くの国に侵略されたが。「なぜ
中国人は日本ばかりをこれほど憎むのか」と題する記事を掲載した。欧州の
強国ですら「追い越せない日本」。やはり日本は「腐っても鯛」=中国報道『日本が消える日。産経新聞の現役記者が。中国による「静かなる日本侵略」を徹底取材! 中国の
国家副主席は。なぜ「即位の礼」出席後に北海道を訪問したのか。1カ月前。
中国で拘束

日中戦争の真実――日本は中国を救おうとした。日本軍は。中国軍から虫けらのように扱われた中国民衆を。必死になって救済
したのです。 こうした日本は中国の「領土保全」をかかげ。誰からも侵略
されない。中国人による中国人のための安定した国家がそこに誕生することを
目指したのです。そしてなぜこれほどまでに中国で苦労しなければならなかっ
たのか。日中間の戦争の傷が未だ癒えない理由。の大井真理子が。中国人記者と共に両国を訪れ。戦争の傷がいまだに癒え
ない理由を取材した。日本の歴史教育は。日本軍が行った残虐行為を誇張して
教えていると主張する愛国主義者です。そして。同じように日本軍に占領され
。多くの市民を殺されたアジアの他の国々が。中国や韓国ほど私たちを憎悪
しないのはなぜなのでしょうか?たとえば。日本の侵略によって近親者を
亡くした人や。戦争中に実際にとてもつらい思いをした人の中には。敵意や。

日中戦争。歴史通 石平「中国側が一方的に日本を挑発して。あらゆる手を使って日本を全面
戦争に引きずり込もうとした」 渡部昇一「日本から侵略を仕掛けたと宣伝したの
はソ連と左翼の連中ですが。実はアメリカもそうなんです」的事実が塗り替え
られて。どういうわけか。すべてが日本を断罪するものになってしまった。それ
を。なぜか日本人は否定しようとせず。それどころかむしろ積極的に認めている
。日本が消える日~ここまで進んだ中国の日本侵略~産経新聞。韓国はなぜ「日本企業も基金を出して元徴用工を支援する」という提案をしてき
たのかというと。私の推測です先日。天皇陛下の「即位の礼」に参列した中国
の王岐山国家副主席が北海道を視察しました。五 土着侵攻。移民化が
押し寄せる中。日本は如何に対応するのか ~日本化。アイデンティティ化の重要
性~

10。日本の内政に他の国が干渉することを恐れたからでした。例外はオランダと中国
で。それも長崎の出島でのみ許可されました。江戸から見れば長崎は裏口のよう
なものです。仮にオランダ人が武器を持って上陸しても。江戸にたどり着くまで
になぜ日本は中国を侵略したのですか。日中戦争は。中華民国側からの攻撃が発端です。 清帝国が崩壊したあとの中国は
。軍閥が割拠し中国政府を名乗る組織も幾つもあり。中国は分裂していました。
その中で。蒋介石が率いる国民党が最も有力な勢力に成長し。国民党軍は装備は中国を侵略した国は多いのに。日。中国のインターネット掲示板に。「中国を侵略した国は多いが。なぜ中国人
は日本に対してだけ恨みを晴らそう中国人が反日感情をむき出しにする一つの
理由として。「中国を侵略した」という歴史があるが。歴史をたどれば中国を
中国が台頭するにつれて。日本への憎しみが増すのはなぜか。

日清か日中かどっちのことを言ってるのか分かりませんが、基本的には国防のためです。日本のような狭い島国で自国領が戦場となるのはすでに敗北状態ですので、その前で戦うというのが常識です。日清戦争は沖縄から台湾にかけてのシーレーン海洋防御線をどちらが握るかという戦いです。清国との同盟を打診しましたが、その返答が、清国は制止する日本海軍を振り切り軍艦を長崎に乗り付けて、略奪まがいをするという長崎事件であったため、両国は決裂します。西洋の植民地化を止めるため、日本にとっては台湾、琉球はゆずれない海洋拠点でした。一方の清国は海洋で国を守るという意識が弱く、うっとしいコバエをちょっと脅かしてやったという程度の認識だったようです。国力で劣る日本はこうした清国の油断に付け込み、表面上は下手に出ながら軍拡を続け、朝鮮半島での農民の反乱に出兵し清国を日清戦争に引きずり込みます。日本の狙いは台湾だと思っていた清国は、完全にこれに意表を突かれ敗北します。日露戦争はこの浮いた朝鮮半島の支配権をめぐる戦いです。これに日本が勝ったことで、朝鮮半島とロシアの築いていた満州鉄道を得ます。日中戦争はこの満州鉄道を巡っての戦いと言ってもいいでしょう。国民党はこの鉄道に向けてゲリラ戦を加え、軍人、民間人問わず略奪を繰り返していました。一方でロシアが倒れた後のソ連は日露戦争の屈辱を晴らすべく、極東への軍備増強をつづけていました。海軍で敗れた教訓からソ連は陸軍だけの増強に絞ってきており、日本はこの膨大な陸軍を止めるには朝鮮半島だけでは心もとなくなり、満州国建国へと動くわけです。つまり、日本は中ソ連合との戦いに突入しており、完全に手詰まり状態であったと言えます。ここで、ソ連がスターリンが権力を握るため大粛清をはじめ優秀な将校たちが殺され、ソ連軍が弱体化します。軍首脳部がこれは状況を打開するいいチャンスと考えるのが当然です。とはいえ、モスクワまで攻め上るなどというのは非現実的です。そこで起きた盧溝橋事件での銃撃戦を機会にもう一方の敵である中国を攻めることとなります。つまり、敵をソ連だけに絞るために国民党と戦ったというのが日中戦争です。この戦争は長く続いたと日本の教科書では書かれていますが、実際には1937年7月の盧溝橋事件から始まり、1937年12月には国民党の本拠地である南京陥落、米英の補給路となっていた上海、マカオなどの海上ルートも翌年に封鎖、1939年5月国民党の重慶を爆撃し、国民党の物資のすべて焼失させ、事実上、国民党軍は解体。これ以後、国民党との組織的な戦は1945年の終戦まで行われていませんし、奪還された主要都市も一つもありません。つまり、わずか2年というドイツ顔負けの電撃戦で中国全土を支配したのです。このような電撃戦のきっかけが偶発であるわけもなく、盧溝橋事件は周到に用意されたシナリオだったということです。これに驚いた英米が自らが持つ東南アジア利権を失うのを恐れ、経済制裁。そして、第二次大戦へと繋がるのです。目の前にいる敵をリング上で戦って快進撃を繰り返してたら、場外からの突然の銃弾により倒されたと言ったところでしょう。略奪貿易の対象とするため。原料の供給地として、商品の販売地として、植民地の財産を吸い上げるのが目的。多くの近代国家の発展には、植民地の犠牲があって成り立つ。日本も遅ればせながら世界の植民地獲得競争に出たが、時代がすでに遅かった。結果、泥沼の戦争と敗戦。東南アジアや朝鮮を支配して神の国とか大日本帝国とかいい気になってたから。日本軍や政府は元より国民情勢にまで歯止めが無い状況下。侵略国家だったってわけ。んで、ナチスと国連とソ連にまで及んだのが原爆の引き金。身も蓋も無いがコレを無視する無知な日本人がどれだけいるんだかな?すっとぼけのちの世代はいい迷惑ってとこかね侵略などしてないから。戦前中国に日本軍基地があってそこを攻撃されたのをやり返したのが侵略と言われても困る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です