いいかげんにして イ-ジスアショアを中国は何故開発しない

いいかげんにして イ-ジスアショアを中国は何故開発しない。イ-ジスアショアは簡単に言うと商品名やブランド名のことだから、わざわざアメリカ製の物を導入せずともそれに相当した兵器ならどこの国でも有りますよ。イ-ジスアショアを中国は何故開発しないのですか イージス?アショアに?無力化?の可能性。アメリカは条約離脱の理由として。条約に入っていない中国が。条約の枠外で
中距離弾道ミサイル技術を開発してきたことを挙げてきた。 中国
は?圧倒的優位?か 中国は。アジア太平洋地域では短?中距離イージス?アショア配備停止。イージス?アショア配備停止 極秘決定はなぜ?なぜ。計画は突然停止したのか
。知事に説明するまでは一切説明をしないことで。情報漏れを防いだ」と胸を
張る。日米共同で開発が行われた「ブロックⅡ」。だが。中国の空母
が沖縄本島と宮古島の間を通過したり。中国のものと推定される潜水艦が領海の
すぐ外側を浮上しないまま座して自滅を待つべしというのが憲法の趣旨とする
ところだというふうには。どうしても考えられないと思うのです」

防衛省?自衛隊:防衛大臣記者会見。このイージス艦とPAC-3でミサイル防衛に空白は生まれませんが。将来的に
どうするかというのは。今後のNSCのA。6月に入りまして。北朝鮮が。北
朝鮮の外務省ですか。あるいは。金与正副部長というのですかね。かなり発言
あと。一応念のためなのですが。韓国や中国は。かなり政府が露骨に。変な
言い方ですが経営が傾いているような今回。海上自衛隊のイージス艦に依存
しないシステムということで。このアショアの導入を決めたわけでございなぜWHOは中国に牛耳られたのか。日本ではこうした米国の批判に共感する意見が多いが。そもそもなぜ「
は中国に牛耳られた」のか…? と国際関係アメリカ政府ですら月
日に。中国企業4社が中国基準で生産した「マスク」を医療現場で使用する
ことを許可したぐらいだ。日本でも。いま開発学と呼ばれる分野では。「
グローバル?バリューチェーン」という概念が注目を集めている。途上
国が発展

いいかげんにして。中国企業から最も多く寄せられる意見は。「仕様書のまとめ」に関する不満の声
です。その代表的なコメントをいくつか紹介します。 「全体的に仕様が確定
しないまま。開発に着手せざる第1回。この連載では,実際のオフショア開発現場で私中国人開発者が経験したこと
や感じたことを紹介していきたいと思います。失敗したのに,なぜ笑いますか
?逆に,過ちを起こしても,緊張しない人間は,無責任で将来がない人間と
思われるのです。でたたかれるわけですが,顔の皮が厚かったらこの痛みを
感じないので,無責任で恥知らずのままでいられるという意味です。

イ-ジスアショアは簡単に言うと商品名やブランド名のことだから、わざわざアメリカ製の物を導入せずともそれに相当した兵器ならどこの国でも有りますよ。「イージスシステム」と呼ばれている防空システムを搭載した兵器のことを、「イージスなんとか」という風に呼びます。このイージスシステムはアメリカが開発したものなので、アメリカやその同盟のみ使用しています。ロシアや中国はイージスシステムは採用していませんが、「イージスシステムに相当する防空システム」なら使用していると言われています。アメリカに依存したくないからです。Huaweiの件をもうお忘れですか?まず、イージスシステムというのは単純な防空システムではありません。元々が艦隊を飽和攻撃から守るために開発されたシステムで、それまでの艦隊防空システムとの大きな違いは飽和攻撃に対処できるか否かです。イージスシステムは.①敵機を捕捉追跡し、更に発射した味方のミサイルを誘導する為のレーダーシステム②発見した敵機の脅威度を自動的に選別し、脅威度の高い順に迎撃する為の情報処理コンピュータシステム③敵機の射程により複数種類の対空火器を管制する発射システムで主に構成されています。ところで、これら3つはどれも目新しい技術ではありません。ですから、アメリカからイージスシステムを購入しなくても、独自で開発すればすみますし、実際にそうしている国もあればシステムも存在します。ただ、イージスシステムは歴史も古く、その為名前も有名ですし、その後に出てきた防空しすてむよりも価格が多少安いですし、常にバージョンアップもされてきています。こうしてほぼ完成の域に達した防空システムをそっくり地上に移動したのがイージスアショアです。さて、それでは中国はどうかと言うと、米国のイージスに相当するような、艦隊防空システムというような物が未だに完成していません。中国海軍はつい最近、急激に成長してきて、いまだに外洋にでてくるような空母艦隊というのがまだまだ未熟です。確かに個艦防空システムは存在します。HHQ-9A等がそれです。ただ、HHQ-9Aは発射システムだけであり、そのレーダーシステムも情報処理システムもイージスに比べるとおもちゃです。目的が個艦防御ですから飽和攻撃に対処できるとは思えません。まぁ、中国はもともと大陸国家ですから、防空システムは陸軍が先なのですが、陸に防空システムを構築する場合は場所の制約とか発射機の数の制約があまりありません。ですから、エリア防空システムとして、イージスアショアの様に1つに集約された防空システムを新たに構築する必要もなく、既存の個別防空ミサイルを何機も並べてエリア防空システムとした方が安上がりです。実際に、中国はロシアからS-400地対空ミサイルを購入していますし、こういったミサイルとLD-2000といった近接対空システムを連動する事によって防空陣を敷いています。結局の所、アメリカは既に艦隊にイージスシステムという完成されたエリア防空システムがあったので、それをそっくり陸に移してイージスアショアにしたわけで、中国では、既存の防空システムを数と質でおぎなっている状態です。Wiki「HQ-9ミサイル」より>HQ-9紅旗9、红旗9は、中国が開発した新世代アクティブレーダーホーミング長距離地対空ミサイル防空导弹、防空導彈である。輸出名、FT-2000。 ロシアのS-300PSにおいて使用された5V55 シリーズのミサイルを基として1980年代に開発が開始され、1990年代に完成した。誘導システムの開発には一部アメリカのパトリオットミサイルの技術が取り込まれているとされる。 また、艦船発射型のHHQ-9A海紅旗9A、海红旗9Aも開発され、現在蘭州級駆逐艦などに装備されているが、性能は陸上発射型とほぼ同じである。トルクメニスタンやアルジェリアにも輸出されている。 中国のイージス風艦艇に搭載されているミサイル自体が元は陸上用の対空ミサイルで、最初から陸上配備用のタイプが存在しているのです。アメリカのイージスは艦載用の独自システムを構築してから陸上用イ-ジスアショアに転用したものですが、中国では陸上用ミサイルを艦載用に転用しているのです。イ-ジスシステムは米国の軍事技術だからです。大陸中国には既にロシア製のS-300とS-400が販売されており、S-300のコピー化も進められています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です