判例翻訳プロジェクト解説 アメリカの裁判の判例の一部です

判例翻訳プロジェクト解説 アメリカの裁判の判例の一部です。1。アメリカの裁判の判例の一部ですが訳していただけないでしょうか また文法もわからず質問にお答えいただければありがたく存じます

Revell v Lidov, 317 F 3d 467, 468, 2002 U S App LEXIS 27200, *1, 31 Media L Rep 1521

Procedural Posture
Plaintiff former Associate Deputy Director of the Federal Bureau of Investigations (former FBI Director) appealed from an order of the United States District Court for the Northern District of Texas dismissing for lack of personal jurisdiction the former FBI Director& x27;s claim for defamation against defendants, a university and an author, arising out of the author& x27;s posting of an article on an internet bulletin board hosted by the university

文法は以下のところまで分解して手詰まりです(すみません)

主語 Plaintiff former Associate Deputy Director of the Federal Bureau of Investigations (former FBI Director)

動詞 appealed <from an order of the United States District Court for the Northern District of Texas >

dismissing for lack of personal jurisdiction the former FBI Director& x27;s claim for defamation against defendants, a university and an author, arising out of the author& x27;s posting of an article on an internet bulletin board hosted by the university 日本語。連邦?州ともに。データベースを利用するのが便利です。アメリカ?英米法圏
の法律?判例?ローレビュー等の法律関連データベース。本学では所蔵しない
が。連邦最高裁判所の公式判例集である には解説がつか
ない。 裁判履歴?判例の有効性をデータベースで調べる 裁判履歴は。検索した
当該判例で表示される や。 フラグ。
タブ で調べ一部委員会報告書など立法史
資料を含む。

インターネットで訴訟記録を閲覧できる米国に見るサービスの進歩。。年ニューヨーク州弁護士登録。年月。統合により当事務所入所
。年月。当事務所パートナー就任。また。多くの裁判例情報について。
最高裁判所のウェブサイトにて無料にて検索。閲覧することができるようになっ
た。行って「Aさんについて裁判が係属しているでしょうか」と聞いてそれを
教えてもらえるという制度ではないに行き。といったプロセスを経なければ
ならない日本の制度との違いを感じていただけるのではなかろうか。判例翻訳プロジェクト解説。世の中で翻訳されていない「読みたい情報」「読むべき情報」を。有志の参加者
で力をあわせて翻訳します。アメリア翻訳プロジェクトトップ判例翻訳
トップ > アメリカの裁判と判例について論文や判例の中に引用される判例の
表記は。原告を前。被告を後にして訴訟当事者の名前「○○たとえば。次の
ようなものです。システムの各判例集がある巻数に及んだ段階で
「第2シリーズ」としてまた第1巻から数え始める方式をとっていること
によるもの。

米国判例の翻訳と日米判例の対比。日米の最高裁判決の法律判断の相違 1.ホームページ 井上雅夫いのうえ?
まさおです。今日は「米国判例の翻訳と日米判例そこで。プログラムと法律
のインターフェース役ができるのではないかということで。このような副題を
つけたこれに対してアメリカでは。マイクロソフト独禁法違反事件という非常
に重要で難しい裁判であっても。地裁ではそれから。一人制の場合にはその
裁判官が判決を書くわけですが。合議体の場合には誰が書くのでしょうか。

1 Procedural Posture — 手続きにあたっての姿勢?2 主語Plaintiff former Associate Deputy Director of the Federal Bureau of Investigations former FBI Director 原告である元FBI副理事は、2 動詞appealedfrom an order of the United States District Court for the Northern District of Texas テキサス北部地域向け合衆国地区法廷の命令により法廷の命令に準拠して、次のことを求めた。3 目的語dismissingfor lack of personal jurisdictionthe former FBI Director's claim for defamation against defendants, a university and an author, arising out of the author's posting of an article on an internet bulletin board hosted by the university. 当該大学の運営するインターネット掲示板上での当該著者による記事の投稿によって生じた、被告大学と著者に対して中傷が行われたことについての元FBI理事による主張を個人の支配権がないので却下することを原告は求めた。appealed の目的語である 3 すなわち目的語の骨子は、次の通り。★dismissing the claim for defamation against defendants arising out of [an article]記事のせいで被告たちが中傷されたという主張を却下することをすなわち、1, 2, 3 の全体のあらすじは、次の通り。元FBI副理事は、法廷の命令により法廷の命令に準拠して、記事のせいで被告が中傷されたという主張の却下を求めた。Procedural PosturePlaintiff former Associate Deputy Director of the Federal Bureau of Investigations former FBI Director 元 Associate Deputy Director of the Federal Bureau of Investigations former FBI Director である原告はappealed from an order of the United States District Court for the Northern District of Texas the United States District Court for the Northern District of Texas の命令に対して上訴したdismissing for lack of personal jurisdiction the former FBI Director's claim for defamation against defendants, a university and an author, 人的裁判権の欠如を理由に元 FBI Directorの被告、大学及び著作者、に対する名誉棄損の申し立てを却下する〇上記の命令の内容です。arising out of the author's posting of an article on an internet bulletin board hosted by the university.その大学がホストとなっているインターネットのブレティンボードにその著作者が記事を載せたことから生じた〇これは名誉棄損の説明です。元 Associate Deputy Director of the Federal Bureau of Investigations former FBI Director である原告はthe United States District Court for the Northern District of Texas の元 FBI Directorの被告、大学及び著作者、に対するその大学がホストとなっているインターネットのブレティンボードにその著作者が記事を載せたことから生じた名誉棄損の申し立てを人的裁判権の欠如を理由に却下する命令に対して上訴した。〇構文に迷われたのだと思いますので上記のように分けて訳しました。訳語については一応調べましたがご検討ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です