平成の次は 明治よりずっと前から元号はありますが昔の元号

平成の次は 明治よりずっと前から元号はありますが昔の元号。「時代名」と「元号」が、ごっちゃになっていませんか。明治よりずっと前から、元号はありますが、昔の元号は本当にあの時代の人がそう認識し、そう呼んでたのですか それとも、近代の歴史家がこの時代はこう呼ぼうと、後から勝手に名づけたものなんですか 平成の次は。「元号とかやめてほしいわそろそろ」ホリエモンこと。実業家の堀江貴文氏が
天皇陛下の退位に向けた特例法成立だけではなく。自然災害などを理由に改元
が行われ。天皇一代で8つの元号が使われたという記録もあります。頭文字が
「明治」の「M」。「大正」の「T」。「昭和」の「S」。「平成」の「H」と
重なってしまう元号は選ばれません。NHKをはじめ。報道各社が出版した
当時の記録などを読み返すと。政府は元号法の制定よりも前から秘密裏

元号の世界。病患により それぐらい元号というのは。昔から世間の関心が高か助手?講師
?助教授。さらに文部省教科書調査官を経て。京都産業大学には。昭和五十六年
より勤それに対して明治以降は。いわゆる一世一元となり「元号」が公式用語
化していますから。そ古代中国の律令というものは。いろいろな変遷が
ありますけれども。清朝の終わりまで二千年以上も律つまり。西暦でずっと
数えてい代の半ばから。一八一〇年くらいまでの間は。私年号は本当に壊滅
状態に近いくら新元号「令和」発表前夜SP。橋本さんがおっしゃられたように。天皇の崩御という国民の本当に悲しい出来事
と元号を決めるというのは元号の決定方法ですが。実は年以上前から誰も
が知っている歴史上の偉人たちが改革を重ねてきたというこの文章なんですが
。これは明治元年年の月に岩倉具視が作成した文書なんですね。背景に
は。実は元号のお手本の中国が明の時代から清の時代にかけて。ずっと一世一元
をやっておりまし日本人が昔からそれがうまかったんですよ。

イチから分かる元号。だが敗戦で連合国軍総司令部の統制下に置かれると。旧皇室典範や登極
令は廃止され。新皇室典範から元号に関する規定が消失。元号は法的根拠を失っ
た。 「昭和」が「明治」を超えて最長の年号となった昭和元号一覧。和暦元号 名称, 開始に指定, 終了に指定, 開始西暦年, 年数 令和, セット, セット,
, – 平成, セット, セット, , 昭和, セット, セット, , 大正,
セット, セット, , 明治, セット, セット, , 慶応, セット, セット,
,元号を知ると。それは今と昔では元号を変えるときのルールがちがっているからなんだ。 「明治
」からは「天皇が即位するときに。新しい元号に変える」ようになったんだけど
。それよりも前

年号元号一覧表。最初は国語や日本史の資料集を参考にしたのですが。誤植等もあるのか。特に年
号の「よみがな」は資料によって違う明治改元の詔書が出されたのは慶応4年
9月8日だが。明治元年は「1月1日」から。即ち9月8日まで」は慶応4年
でも明治元年でも。元禄15年を西暦に換えただけの「1702年12月14
日」では。本当の討ち入りの日より一月半も早いことになります。に。安政元
年11月4日1854年12月23日。安政東海地震が起きた。とあります

「時代名」と「元号」が、ごっちゃになっていませんか?「近代の歴史家がこの時代はこう呼ぼうと、後から勝手に名づけたものなんですか?」とあるので、気になりました。「鎌倉時代」とか「江戸時代」とかは「時代名」と言って、これは明治時代以降の人が「こう呼ぼう」と言って決めたものです。「元号」は、明治時代よりも前だと、例えば「天平」とか「建武」とか「慶応」とかありますが、これは「その時点で決めていたもの」です。こんなもの、昔は一年やそこらで元号が変わることがあったのに、歴史家が遡っていちいち名前を考えるわけがありません。ただし「当時の人が、それこそ一般庶民までが、みんな知っていたか?」ということであれば、それは「十分ではなかった」です。当時は、生活するには「干支で十分」だったからです。元号は朝廷が「よい時代でありますように」という、おまじないで作るものです。ただ幕府や大名はともかく、それを庶民までがわかていたかというと疑問です。明治以前は、一代の天皇にひとつの元号ではなく、気分でころころ新しい元号が作られていたので、一人の人の一生の間に元号が5つも6つも変わる。「おじいちゃんはいつの生まれ?」「天保11年」「それ何年前?」「えーと、天保は14年で、その後弘化が4年、嘉永が6年、安政が6年で、万延が1年だけで、文久???」とややこしいので、当時の人は「私は庚申の生まれ」「私は甲午の生まれ」などと60年周期の干支を使っていました。明治の前の元号は当時使われていたものでしょう。「江戸時代のまでの元号派近代になってつけられた」と判断される理由は何でしょうか?「寛永」通宝はどうでしょう。「天明」の飢饉、「寛政」の改革、「寛政」異学の禁はどうでしょう? 1789年天明9年に日本で改元が行われ、この年は「寛政元年」になりました。松平定信が寛政の改革をしていた時代です。しかし、当時ロシアにいた大黒屋光太夫は日本での改元を知らず、日誌に「天明十年」もちろん「寛政二年」が正しいと書いたようです。1990年平成2年当時、海外にいた日本人が「昭和65年」と書いた例は有るかどうかわかりませんが、例えて言えばそういうことです。だから「天明」という元号は、江戸時代に使われていた可能性があります。大体、前の回答にあるとおり、江戸時代の元号は天皇の即位や退位と一致していない場合も多く、長さもバラバラで、近代の日本人がこんな時代区分を考えたとは思えません。明治時代の日本人は一人の天皇の在位期間と元号を一致させました。これが「一世一元」です。もし明治以降の日本人が江戸時代の元号を作ったら、当然、一世一元になっていたはずです。しかし、実際はそうではありません。「元禄」と「宝永」はどちらも東山天皇の時代に始まった元号です。中御門天皇の時代に「正徳の治」と「享保の改革」がありました。「天明」「寛政」「享和」「文化」は光格天皇の治世なのでもし一世一元であれば「光格時代」と呼べばよく、次の「文政」「天保」「弘化」は「仁孝時代」と呼べばいいはずです。もちろん、実際はそうなっていません。幕末も同様です。嘉永6年1853年の黒船来航から明治元年1868年までの15年間、元号は「嘉永」→「安政」→「万延」→「文久」→「元治」→「慶応」→「明治」という風に6回も変わりました。明治天皇の前の天皇は孝明時代で、孝明時代の即位は1846年弘化3年です。もし近代の人が江戸時代の元号を作りなおしていたら、幕末は「孝明」という一つの「元号」で呼ばれていたでしょう。実際は、万延元年の翌年が文久元年、元治元年の翌年が慶応元年でした。近代の人が後になってこんな面倒くさい元号を決めたとは思えません。どう考えても幕末の混乱期に朝廷が改元しまくった結果と思うのが普通でしょう。当時に建立された庶民の墓石にも元号+干支でが刻まれています西暦などなかったので、当然それを使いますちなみに「縄文」「弥生」「飛鳥」「奈良」???という時代名は近代の歴史家が勝手に付けたものですあと天皇の諡おくりなもずーとあとの時代に付けられたのもあります大友皇子=弘文天皇とかまじない、みたいなもので災害や不幸があると直ぐ変更。もっぱら占いで決めてました。当時の通用していたものですが、一般庶民までが完璧に把握していたわけではないです。正規の記録があるのは「大化」からで、飛鳥時代のものですから、既に様々な公式文書があり、記録が残ってもいるわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です