慰安婦問題 日本が韓国に対して条約で解決したはずの徴用工

慰安婦問題 日本が韓国に対して条約で解決したはずの徴用工。「韓国は自国で半導体を作ろうとしてますが今の韓国の技術力で作れると思いますか、あと日本政府もっと韓国に対して強気で制裁するべきですよね。日本が韓国に対して条約で解決したはずの徴用工問題で日本が韓国に対して半導体の輸出を強化したらしんですけど、韓国が国際法に反するなどとコメントしてますがもともと国際法を無視して徴用工だのほざいているくせ にどの口が言っているんでしょうか 韓国って国はもう見捨てるべきですよね もう次からG19でよくないですかw では質問です 韓国は自国で半導体を作ろうとしてますが今の韓国の技術力で作れると思いますか あと日本政府もっと韓国に対して強気で制裁するべきですよね みなさんの意見を聞きたいのでよろしくお願いします 条約に従わない韓国司法~解決見えない徴用工問題の根本。元徴用工問題に関する日韓両国の主張の食い違いについて解説した。年
月に。韓国の大法院が日本企業にいわゆる元徴用工問題での賠償を命じた。
日本の企業に対して損害賠償を求める権利はあるが。それを裁判という形では
請求しないという条約に基づく判断ような判断を最高裁判所のようなところが
行うということについては。慎重でなければいけないはずなのです。

謝罪の気持ちを持つことと条約を尊重することは別問題。戦時下に韓国の人びとを徴用し。過酷な労働に従事させたことに対し。日本は
謝罪の気持ちを忘れてはならない。国家間で請求権問題が決着すると。それで
解決済みになるというのは。普通の国際法の考え方である。ただしアメリカに
対してではなく。「決着」を決断した日本国家に対してであるが。韓国政府も
徴用工問題では国際法の常識に立っており。条約この場合は年の日韓請求権
協定を尊重するという立場で従軍本来はそれで終わるはずの問題であった
。慰安婦問題。ソウル中央地裁が8日。故人を含む元慰安婦12人が日本国政府を訴えた
損害賠償訴訟で敗訴したのを受け。日本しかし。ICJに提訴して。慰安婦
問題が国際問題化すれば。断ち切りたいはずの「日本の負」がクローズアップ
第三に。慰安婦問題では「請求権問題は完全に解決した」とされる「日韓条約」
と韓国政府が「最終的かつ完全にこれに対して韓国は元徴用工問題の時には「
負けたら大法院最高裁の権威が損なわれる」としてICJへの提訴

徴用工問題?韓国政府は「統治能力不足のツケ」をまた日本に回す。この判決は。こうした元徴用工問題について「年締結の日韓基本条約や日韓
請求権協定で解決済みだ」との立場をとっれば。その後。韓国国民の不満の
矛先はその合意をした韓国政府に向かったはずであり。今なお日本企業に
お門違いの請求がなされる状況はなかっただろう。 というのは。この協定には。
「日本が韓国に対して無償億ドル。有償億ドル。合計億ドルの資金協力を
する」第「解決済み」のはずがなぜ。歴史問題は。日本がアジア各国との関係を強化する上で喉に引っかかったトゲで
あり続けている。その中で。今後注目を浴びそうなのが徴用工問題だ。戦前から
戦中にかけて。日本は労働力不足を補うために朝鮮半島をはじめとするアジア
各国から労働力を移入した。これらの労働者に対してなんらかの補償が行われる
べきか否かとするのが歴史問題としての徴用工問題である。アジア

元徴用工訴訟問題と日韓請求権協定。日本政府は「旧朝鮮半島出身労働者」と呼称が日本企業に対し損害賠償の
支払いを求めて韓国の裁判所に提起したいくつか日本政府はこの問題が年
の日韓請求権協定により解決済みの問題だとして強く反発していますが年
月日日韓請求権協定は。年の日韓国交正常化に当たり。日韓基本関係
条約などとともに締結された条約で。か条から責任を認定するために。「
日本政府の韓半島に対する不法な植民支配」ということを言う必要は本来ない
はずです。橋下徹?日韓は完全かつ最終的に解決したか?。プレジデント社の公式メールマガジン「橋下徹の『問題解決の授業』」月日
配信から抜粋記事をお届けします。年の日韓請求権協定で「完全かつ
最終的に解決された」はずなのに。韓国の大法院最高裁において韓国人元
徴用工による日本企業への損害韓国大法院最高裁による徴用工判決から。
日本政府による輸出管理手続きの厳格化韓国をホワイト国から除外に台湾
は必ず防衛する?中国の挑発に対してバイデン新政権が示した本気度

「変革」を企てる韓国側の論理:「徴用工」から1965年体制。韓国大法院最高裁の判決が“パンドラの箱”を開け。問題の射程は日韓基本条約
年や。これまで積み重ねてきを通じ[た]解決」同協定第条第
項に応じるという「1+1」案を提示したが。日本政府は即座に拒否した。
そごをきたす場合。「外国に対して国家を代表する」韓国憲法条大統領
のリーダーシップが鍵になる。する「脱植民地化」「
ポスト植民地主義-」を議題にするはずがなかった。

「韓国は自国で半導体を作ろうとしてますが今の韓国の技術力で作れると思いますか、あと日本政府もっと韓国に対して強気で制裁するべきですよね?」とのご質問ですが、まず、「日本の技術力を抜きにして、韓国が半導体を作ることは困難」だと思います。実際、韓国の半導体製造装置は、ほぼ日本の機械メーカーから購入しているし、シリコンウエハーなど、他の基幹部品も日本からの輸入に頼っております。日本の技術力を抜きにして、全て韓国でゼロから作るのは極めて困難だと思います。「あと日本政府、もっと韓国に対して強気で制裁するべきですよね?」とのご質問ですが、その通りです。ただ、今回の措置は「制裁」や「報復」ではありません。ネット上で噂されているのは、今回の3つは、兵器製造や核開発に流用できる物資で、北朝鮮やイランに横流ししている疑惑があると言うのです。G20の前に、安倍首相がイランに訪問して、イランのトップと会談しています。その訪問で「北朝鮮」または「韓国」から当該物資を輸入している事実を掴んだのであれば、「大元の生産国は日本」となる可能性が高くなるのです。そして、韓国による不自然な大量購入という事実がありました。大量購入後に所在不明?行方不明となっている事実もあり、定期的なフォロー会合の拒否という事実が繋がり、その上、「ホワイト国指定するために、韓国での管理制度をわざわざ日本の官僚が赴き組み上げ、育てた人材」を排除したそうで、無管理の状態だそうです。つまり、幾らでも横流しが可能な状態だそうなのです。「これでは兵器製造や核開発に流用できる物資の、無条件の輸出は無理」と判断されても文句は言えないと思います。8月に予定されている「ホワイト国の指定解除」までは、「制裁」や「報復」ではありません。「ホワイト国の指定解除」の後、「制裁?報復」の段階に入って行くのですが、「過剰防衛的だとの、やりすぎ批判」が巻き起こることのないように慎重かつ大胆に発動して欲しいと思います。日本国と日本人を怒らせたら、どんな目に合うか、身を持って実感させ、五月蝿くて面倒臭い隣国を、黙らせるべきだと思います。日本だけ特別と考えるのは、韓国が特別だと考えるのと同じです。簡単には真似できないでしょうが、これを契機に踏ん張ればそれなりのものはできるのでそれなりのものに関しては日本も被害を受けるでしょう。これは、単に韓国の輸出が減るだけでなくそのれなりに関しては韓国の競争力が増して日本が輸出先を変えれば良いという問題では無くなります。問題は、それなりとはどの程度のことかということです。今の韓国は国を挙げて国民もマスコミもダブルスタンダードのご都合主義で言ったもの勝ちが蔓延するチンピラの社会ですからまじめにこつこつと研究開発をする能力なんてたかが知れています。能力のある人は結果を求める傾向があるので、日本の一部の人のようにコツコツと地道に研究するなんて容易なことじゃないでしょう。あとは、韓国がどれだけ心を入れ変えてまじめに取り組んでくれれば如何に自分たちのやり方が間違っていたか理解できるかもしれませんが、今の韓国の状況だと取り敢えず、金で釣って、日本の技術者のほっぺたを札束ではたいてあるいは不法な手段で手っ取り早く手に入れてこれは韓国の由来の技術だと言う方に向かうと覆います。日本の被害を押さえるように技術流出に注意を払い、第2、第3の非友好国への対抗措置を犠牲を払う覚悟で繰り出すことが必要だと思います。これが、結局は、今まで甘やかして碌なものになっていない韓国への日本の責任でもあると思います。今回の措置が、対抗措置なのか、安全保障上の措置なのかは別として、そもそも対抗措置は国際法上「合法」、国としての「権利」であるとともに、国民に対する「義務」となります。対抗措置を批判する人がいるようですが、国際法上、しっかりとした「国の権利」となります。国際法上、対抗措置の目的は「違法行為を行う国に違法行為の停止や賠償を促すこと」となります。↓国際違法行為に対する国家責任国家責任条文↓国家責任—————————————–外交的保護権は、国際慣習法によって認められている国際法上の国家の権限である。A国とB国とがあって、A国の国民が、B国によって「違法」な損害を受けた場合には、A国自身が損害を被ったということになる。A国は自らの受けた損害を回復するため、B国に外交的保護権の行使という形で国家責任を追及することができるのである。注意すべきは、この権限は国民の受けた損害を国家が代わって追及するのではなく、国家自身が受けた損害を自ら追及する権限ということである。このような扱いとなっているのは、国際法の主体は従来からの考えでは国家のみであるという原則がある反面、国民の損害は回復される必要があるため、両要求を調和する形で認められたということによる。 —————————————–日本の国籍を有する私人、法人が、韓国国内の国際違法行為によって損害を被ったことになり、日本は、国際違法行為を行った韓国に対して国家責任を追及する国際法上の権限である外交的保護権韓国政府に対して損害賠償請求ができるを行使することができます、また、国際法で認められている対抗措置を行うことができます。↓違法性阻却事由 国際法↑対抗措置は他国による国際法に反した行為に対する制裁措置である。違法行為を行った国に対して違法行為の停止や賠償をすでに行った場合に違法性阻却事由対抗措置は国際法上「合法」となるという意味として認められる。国家責任条文第22条にもとづく。被害国による対抗措置は規模?性質の面で違法行為に比例したもので、違法行為から生じる損害と均衡したものでなければならない。また対抗措置の目的は、違法行為を行う国に違法行為の停止や賠償を促すことであり、可能な限り相手国が義務を再び順守できるような方法で対抗措置は行われなければならない。小出しにしないと意味がないです。日本としたら、韓国の大衆が怒って、その怒りを大統領に向けるのが正解です。やり方を間違えないようにしないと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です