担任が嫌い 担任の先生が怖い娘が最近先生が怖いので学校に

担任が嫌い 担任の先生が怖い娘が最近先生が怖いので学校に。受け入れるということは否定も肯定もしないということです。担任の先生が怖い
娘が、最近先生が怖いので学校に行きたくないと言います 娘から話を聞いてみると、それは娘が悪いから叱られたんだな、と思ったりします
先生は60歳前後のベテランの女 性です
男子が変なあだ名をつけてからかってくると相談すれば、「あなたも言ってるんでしょ」とか、図書館で借りた本を、ロッカーに入れていたらサビがついて汚れた 自分がしたんじゃないと訴えたら「あんたのロッカーやねんから、あんたがお茶こぼしたかなんかで付いたんやろ 拭きなさい あんたが悪い 」とキツく言われた
自習の時間に算数プリントをやらないといけなかったのに、喋っててほとんど出来なかった あとで先生に今からやりなさい と言われ、泣きながらやったそう そのとき泣いてる娘をなぐさめてくれてる友達に「なぐさめんでいい 自分が悪いんやから 」というなど
話を聞いてると、娘が悪い部分があるからだな…と思うのですが、
よく、学校に行きたくないと言ってる子供に対して、親はお家では全面的に子供の味方になってあげて、甘えられる居心地いい環境を作ってあげることが大切だと、いいます
頭ではわかってるのですが、
私はいつも娘に対して「それはあんたが素直に謝らなかったからだ」とか「それは怒られて仕方ない」とか
言ってしまうんです
そして娘はまた泣き出して、「もういい だから話したくなかった もう学校もうちもいやだーー」と泣きます
私も、どうして全面的に味方になってあげれないの、と自己嫌悪に陥ります
ただ、先生が怒られる理由もわかるので、つい説明したくて言ってしまいます
こんな時は、どれだけ娘が間違えていても、娘の未熟さが原因であったとしても、娘の味方となってヨシヨシしてあげるべきなんでしょうか

少し発達障害を疑ってます 検査してる最中ですが、世に言うグレーゾーンかとは思います 前編不登校になった小4の娘。新型コロナウイルスの感染拡大防止のために年月から約ヶ月。学校が休校
になりました。その間ママたち子どもたちはほとんど。家で過ごしていたことと
思います。その後。に緊急事態宣言が解除

恐ろしい担任の先生に。小2ですがクラス替えがあり。この春からの娘の担任代の女性がえらく
恐ろしい人で。娘が心底怖がり学校に行きたがらず困っています。毎日学校まで
行かせるのが大変です。去年までは喜んで行っていたのに小学生の不登校の原因が。「先生が冷たいから学校にいきたくない…」 世の中には先生に対し。「自分達
よりも教育について勉強した。子どものことを安心して任せられる絶対的担任が嫌い。「学校に行きたくない」と感じる原因は人によって様々ですが。その中のひとつ
に「担任の先生が嫌い」「先生が怖い」というのがあります。 他の生徒が間違え
てもやさしいのに。わたしが間違えると厳しく指摘してくる……。教科の先生が嫌で学校に行きたくない。中の娘がいます。 技術という教科で。パソコンをしていたそうですが。画面が
動かなくなり先生に言ったら。娘はスイッチをおしていないのに「なんで切って
いるの」と怒られ隣りの子も同じ状況なのに娘にだけ怒られて

不登校。と泣き出しました。 教室に入れなくなり。 今は保健室登校しています。 去年の
担任大人に気付いてほしい子どもたちからのSOSと対応策。の調査では。万人から万人の中学生が「不登校」および「不登校傾向」
にあることが分かりました。私の教室にも。学校へ行っているものの「行きたく
ない」「部活がイヤだ」「遠足が地獄だ」などと言う中高生小学校の先生が怖いから学校に行きたくない。小学4年生の女の子です。最近。担任の先生がよく教室で怒ったりしているよう
で???怖いから嫌だと。先週くらいに冗談っぽく話してはいましたが。今日の
夜になって「今日も先生。怖かった???。」と話していまし「先生が怖くて学校行きたくない」子どもに言われてやったこと。あまりの迫力に驚き。息子に聞いてみると…。 今回は。小学年生になっ
たばかりの息子の悩みを聞き出すことができたコミュニケーション方法と。私が
担任の先生に

受け入れるということは否定も肯定もしないということです。ふーんそうなんだ。それで?その時どうしたの?それでどう思ったの?ふーんそうなんだ。〇〇なんだね。で、そのあとどうなったの?と話を聞いてあげることが必要です。なぜなら「そんなこというなんて信じられない!」と言ったとして子どもの心の中では「でも私も悪いところあったけど…」と思っていたとしたらそれは寄り添っていることになるでしょうか?または、言いながら「あ、でも私も悪かったかな?」と自分で気づいたとしたら?何でもかんでも「そうだよね。そうだよね」では信用できなくなりますよ。また、お母さんが先生だったら、またはお母さんがあなただったら…という話をしてあげてもいいと思いますよ。そこは子供に模範的な回答じゃなくてもいいんです。素直に感じたことを言い合える場所が居心地がいい場所なんじゃないかと私は思います。検査もしているなら、学校での様子も先生と直接話して問題の本質を把握しておいたほうが良いのでは。親が正しく把握していないと、いつまでも先生に叱られちゃうと思います。「ヨシヨシ」というか、いわゆる「勇気づけ」は大事だと自分は思います。娘さんは先生に怒られる事で、けっこう自尊心がガッツリ削られている状態だと思います。事の発端は自分の粗相だと理解してると思います。でも先生からのキツイ一言で、「私ってダメなヤツだなー???」って、やった事以上に、自分自身に自信がなくなっちゃってる状態かなと思うんです。そういう時は、家に帰って親から「原因はアナタにあるとしても誰でも失敗はあるしね~。次ガンバレ!」みたいな励ましが欲しいと思います。大人でも自分が原因の失敗で落ち込んでいる時に、正論で詰められたらキツイと思うんです。精神的に追い詰められて、さあもっと頑張ろうなんて思えないですよね。娘さんは、どんどん自分に自信がなくなって、挑戦する事が苦痛になり、「家も学校もイヤだ!」って状態なんだと思います。甘やかすと弱くなると思うかも知れないですが、自分は逆だと思います。自尊心をへし折られ続けている娘さんは心が脆くなってるし、現状、娘さんは外の世界を怖がりだして、1人の世界に籠る方が楽だと感じていると思います。更には、満たされずに育った大人は、他人に優しく出来ないです。お母さんと同じように「アナタが悪いんでしょ」って言うようになると思います。そうなった時に、人間関係で苦労してしまいます。あたしも先生の味方しちゃうこと多いけど。書かれてる感じは先生の怒り方がちょっと。厳しいって感じじゃなく。ただただ威圧的というか。そこまでの言い方が必要か?って違和感があるのは確か。だからたぶん。あなたが悪いのは悪いんだけど。先生ももうちょっと言い方はあると思うけど。まぁそういう先生なんだから仕方ない。ちゃんとやりつつあまり気にしないこと。って感じで子供と話すかなと思う。私も追い詰めて泣かせるタイプです。やることやってから文句言いなさいよとか言っちゃいます。先生ひどくなーい?ずるくなーい?怖くなーい?と先生が悪行三昧かのように私に伝えてくるんですけど、全然先生悪くないんですよ。うーん。最近は、出来事を一応ていねいに聞いて、娘の評価も先生の評価もせずに、たいへんねーたいへんだったねーハイお茶どうぞ ???つ。で終わらせる。つい解説や評価をしたくなる自分を抑えて、自分的に最大限濁して、そうかもねーとか言って逃げてます。娘さんは話しを聞いてほしいんですよ。何かをして欲しいのでも、アドバイスを欲しいわけでもなく。ただ、自分の話しを聞いて肯定して欲しい、ただそれだけです。聞いている方はイライラするでしょうが…。話を聞いてそっか…次から気をつければ大丈夫だよ。と言って必要なら娘をギュっーとします。先生に思う所があっても子供の前では先生の事を悪く言う事はしません。うちも小4娘なんですが、気が弱く低学年の時は隣の席の男子が叱られるだけで泣いてしまってました。先生に検査している事は伝えてますか?こういう時って、話を聞いてあげて気持ちを受け入れてあげると、意外と「まあ私も悪かったんだけどさ。」などと言ってくれるもんです。発達障害があったとしても、自分にも非がある事は娘さん自身分かってます、もう4年生なんだから。その上でお母さんには味方でいて欲しいんですよ。全面的に子供の味方になるということは、全面的に先生を批判するという立場になってしまいますから、それでは子供に学校不信を植え付けるようなもので、今後いろんなところで子供が苦労するでしょう。どこまで味方になるか、どこから突き放すかは、さじ加減が難しいところですね。60歳前後の先生って、60歳定年じゃないんですか?再任用なら、学担にならないはずなんですが、産休代替えとかですか?小4なら、どの子も、ギャングエイジ世代です。お宅のお子さんに限ったことじゃありません。主観に客観が育ち始める時期で、自己主張ができるようになってくる時期です。確かに主張が強ければ、障害を疑うのは当然ですし、冷静で賢明な親御さんの判断とは思いますが、そうした傾向は実は多くの子供も持っているものなので、極点でない限り、神経質になることも無いように思います。ご自身が、おっしゃるとおり、一通り、お子さんの言い分や愚痴を聞いてあげればよいことです。で、最後に、「お前はこの後どうしたいの?」と聞いてあげることです。学校に行かなければ、全ての問題が解決するわけでもないことを子供自身に考えてもらうよりないですね。どうしてもきついなら、担任とご両親でさしで話し合ってみることも大切です。我が子のことで、文句の言うのは、モンスターペアレンツではないです。がっちり抗議すれば、お子さんの扱いも変わってきますよ。やってみるべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です