歴史学習ノートNo32 幕末の熊本城や江戸城をアメリカ軍

歴史学習ノートNo32 幕末の熊本城や江戸城をアメリカ軍。かなり難しいでしょう。幕末の熊本城や江戸城をアメリカ軍の歩兵部隊や海兵隊が攻めたら攻略出来ますか 空軍や、航空部隊、ミサイル、砲兵、戦車部隊は禁止、使えません 歩兵部隊、海兵隊の武器は小銃、機関銃、バズーカ砲など人力で携行できる小火器だけです 歴史学習ノートNo32。銃を持つ軍隊と商人?宣教師をアジアやアメリカに派遣し,多くの地域を征服し
て支配。 *両国で条約信長の最後?? 年。京都で家臣明智光秀に攻められ
自殺 。 [豊臣秀吉による幕府や藩による開墾= 開発←用水路の建設,海や
沼地の干拓など→耕地が 倍に ☆農業技術の江戸時代に3つのピーク ①天明
の飢饉の頃。②天保の飢饉のころ。③幕末支配力が弱まる幕府。第2次長州
征伐 年??長州藩の武士人民一体奇兵隊などとなった反撃に各地で敗北 →
将軍家茂の

近代日本の夜明けと西南戦争。薩摩軍と政府軍は熊本城でぶつかる。月日時頃。突如熊本城内に火の手が
上がり。風にあおられて一気に燃え広がる。天守閣と本丸早朝。号砲を合図に
一気に攻め入った。不意を突かれた熊本の医師?鳩野宗巴はとの そうはは
。西南戦争の最中。薩摩軍熊本隊より熊本城の戦闘で傷ついた兵士の治療を依頼
される。戊辰戦争の横 井 小 楠よこい しょうなん幕末の思想家。坂本龍馬
ら日本。その方針を打ち出したのが。ペリリュー島守備部隊の指揮官であった中川州男
米海兵隊第海兵師団はこの上陸作戦などで。人の死者を含め死傷者
焙烙玉焙烙火矢という大型手榴弾があり。主に船戦や城攻めで使用された
。軍事面での近代化は幕末に始まった。世紀の末から世紀の始めにかけ。

幕末の熊本城や江戸城をアメリカ軍の歩兵部隊や海兵隊が攻めの画像。

かなり難しいでしょう。日本の城門は、枡形になっていて、外から視認できない位置にあります。例えば、現存する江戸城の大手門を破る場合には、銃撃に晒されながら橋を渡り、高麗門を破壊して、銃弾が降り注ぐ枡形に侵入して、そこで、初めてバズーカで、門扉を打ち破り侵入路を確保する必要があります。そこに至るまで、かなりの犠牲が出るでしょう。大手門を破っても、二の丸の下乗門を破る必要があり、そこで、また犠牲が出る。犠牲を無視しても前進できるタフさがあれば可能でしょうけれど、現代の米軍では無理でしょう。ちなみに、成形炸薬弾のバズーカでは、土壁や土塁は破れないかと思います。戦国自衛隊の再現と言えますね。江戸幕府相手の江戸城でしたら1個小隊いれば十分です。正面切って戦うにして装甲火力が無くとも、歩兵火力が使えるのであれば事足りますし、江戸開城時が西暦1868年ですので、サンクトペテルブルグ宣言程度しか兵器の使用を制限する文言は存在しませんでしたから、米軍はおよそ150年間の間に開発されたものの、残虐ゆえに特定通常兵器使用禁止制限条約などで使用を禁じられてきた多くの武器?弾薬を使用出来ると解釈出来ますので、ダムダム弾からレーザー兵器どころかNBC兵器まで何でも使用出来ますが、流石にここら辺の兵器は使用を控えます。逆に使うものを変えると笑える話しになりますが、機動阻止システムをインパルス放水銃に封入して使用する事で敵の切り込み隊を転びさせまくって制圧する事も可能ですから城内制圧戦時には役立つかもしれません。ミサイルの使用が禁止されているのでジャベリン等は使えませんが、AT-4やSMAWやカールグスタフやM202といった携帯無反動砲や60mm軽迫撃砲がありますので派手に砲撃するだけです。脅威なのは幕末に新政府軍に多少投入されていた6ポンド型アームストロング砲の方が射程は長い点ですが、アームストロング砲が優っていたと言えども所詮は最大2000mの面目標相手ですので、狙撃兵が12.7mm対物狙撃銃で物理的に破壊して使用不能にすれば済みますし、そもそも江戸幕府は入手出来ていませんでした。特に米軍側の火砲は弾種が豊富なのが最大のメリットで、M202は焼夷弾での天守閣焼き払い、SMAWはBDM弾での城門キルゾーン制圧やサーモバリック弾での面目標制圧、カールグスタフはフレシェット弾での人海戦術制圧など単純に火砲としてだけでなく各種弾薬で汎用性に富んだ攻撃が可能です。又、歩兵の武器自体は携帯可能な点以外に制約が書かれていないので、米軍の歩兵現有装備であれば、特技兵の一部にダネルM32MGLを携帯させて催涙弾を撃ち込みまくって籠城するエリアの兵を窒息ないしあぶり出すのも手です。米兵に限らず現代の歩兵の携帯する火力は、江戸末期でアームストロング砲が出ていたと言えども想定しえない程の火力ですし、WW2基準でも戦車砲や野砲に匹敵する程ですので、その火力を有する相手に籠城戦を仕掛ける方が無謀です。火力で焼き払わずとも米軍で歩兵部隊であれば、海兵隊のMARSOCや陸軍のデルタフォースといった特殊部隊も使用可能という事になりますので、夜中に暗視装置を用いて侵入して制圧ないしC4爆弾を設置して爆破する事も可能かと思います。あの時代の忍びが仮に映画の世界並みに優れていたとしても暗視装置とFLIRを持つ特殊部隊相手では無力と言えます。多少難儀するのが西南戦争時の熊本城です。この時は明治政府対旧薩摩藩士族の争いでしたので多少は兵器が進歩しています。アームストロング砲も数は少ないと言えどもありましたし、この時代に急速に旧式化したものの旧薩摩藩はエンフィールド銃を主力として運用していたので侮る事は出来ませんし、数も多いので米軍も最低でも1個大隊は必要になります。とは言え、やる事は江戸城相手と大して変わりません。今度は軽迫撃砲をしっかり運用して発煙弾で視界を遮りながら籠城兵に反撃を行わせて熱源を把握してから分隊支援火器の援護下で携帯火砲を撃ち込んで沈黙させる方法で対応可能です。城壁外周のトーチカを潰してからM202を持った兵を夜間に有効射程まで前進させて城に向けて焼夷弾を発射させて焼き払えば済みます。12,7mm機銃で十分です。これで撃ちまくられたらお終いです。迫撃砲も歩兵の装備だよね、銃の威力が桁違いです。日本の小銃の射程外から、機関銃射撃で皆殺しです。一方的に勝利出来ます。相手が城内に閉じこもっても、城門は簡単に破壊出来ます。ロケットランチャーや無反動砲で簡単に城壁に穴が開きますし、その向こうの敵兵も一掃できます。あとは機関銃や迫撃砲などで制圧しながら特殊部隊等が突入して終わりです野砲がなければ現代でも要塞の攻略は難しいです城郭や要塞が衰退するのは大砲技術の発展があったからです西南戦争では建築物自体は開戦前に撤去しています城郭は地形陣地の結晶で有利地形に誘い込まれた兵士は近代火器を持っていても弱いものです米軍の指揮要綱にも入ってはいけない地形というものがあり日本の城郭はそんな組方した縄張りだらけですなんてこたあないでしょう。暗視装置付けて夜襲すれば、米軍側はほとんど戦死者内なしで城兵を皆殺しにできるでしょう。時間制限がないのなら、城を取り囲んで餓死を待つこともできます。攻略ではなく破壊しちゃうから、そういう意味では攻略はできないかも?機関銃で、当時の鉄砲の射程外から射撃し続ければ、ずたずたになるでしょう。おそらくバズーカも射程外からの射撃が可能なはずなので、だんだんと壊されて均されていくのが想像できておもしろいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です