温暖化を知る 米政府が地球温暖化被害予測を試算 http

温暖化を知る 米政府が地球温暖化被害予測を試算 http。””。米政府が地球温暖化被害予測を試算
https://nca2018 globalchange gov/downloads/NCA4_Ch28_Adaptation_ExecSum pdf 2090年時点で約1T$の損害の危機的状況

現在の米国GDPは約20T$

だから現時のGDPで約5%

一方、現在のGDP伸び率は延べてみるとCO2対策をとらずに2%強だから2090年ではPPP修正済で予想約80T$強 CO2対策を採った時の経済落ち込みを考えるとどうなんでしょうね
とんとん

さらに米国の優れた科学や経済を考えると地球温暖化を肯定しながらの科学的進歩のほうが米国にとって有利では

その場合、あくまで地球温暖化を防ぐ技術を売る日本と、地球温暖化しても生産性を上げる技術を売る米国と将来的にどちらが儲かるでしょうか

一番最後が一番中心の質問です トランプ米大統領。ドナルド?トランプ米大統領は日。米政府がまとめた気候変動に関する報告
について「信じない」と発言した。米政府のトランプ政権は。化石燃料重視の
政策を追求し。地球温暖化対策の国際的枠組み「パリ協定」離脱を表明した。
その一方で報告書は。社会が温室効果ガス削減に取り組み。「起きる変化に対応
」すれば。将来的な大惨事の予測は変わり得るとも書いている。

地球温暖化の進展は世界の食料生産に様々な影響。地球温暖化対策の加速化 ア 地球温暖化による食料生産への影響二酸化
炭素は最も地球温暖化に影響 気候変動に関する政府間パネル第次
評価報告書年月によると。大気中に長期間とどまる温室効果ガス
の大半を排出している先進国よりも。貧しい国?地域において。より大きな被害
が出ることが予測されています。英国財務省の試算によると。温暖化対策に
必要な費用は世界全体の毎年のの%であり。対策を行わなかった場合に
予測される温暖化を知る。とりわけ二酸化炭素の排出はエネルギー需要に左右される面が大きく。このため
。産業界における徹底した省エネやエネルギー転換などが進められ。これからも
より積極的な対策が期待されます。政府はこうした活動を支援し。さらに自然
エネル

”” その場合、あくまで地球温暖化を防ぐ技術を売る日本と、地球温暖化しても生産性を上げる技術を売る米国と将来的にどちらが儲かるでしょうか。 ”” →結局、結局、結局は、『似非科学』を振り回してる程度知能レベル国が、負けてしまうんでしょうね!似非科学とは、偽科学なんですからね!CO2削減策なんかいくらやったとしても地球温暖化には効果が出ないんですよ!くち酸っぱくしていってるけど、似非科学CO2悪者仮説なんか捨ててしまえって指摘してる。科学的真実をにぎった方国が、勝ちなんですよ!日本?は、科学的真実をつかんでるか?未だつかんでは居ないでしょう?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です