財政クイズ 消費税増税で不景気になりかえって税収が減ると

財政クイズ 消費税増税で不景気になりかえって税収が減ると。いい考えです。消費税増税で不景気になり、かえって税収が減るとも言われています 税率が上がるばっかりですが、ここで思い切って、消費税をマイナス1%にし、ものが売れれば売れるほど国からお金が入って来るようにすれば、一気に 景気が良くなり税収も増えると思うのですが、いかがでしょうか インタビュー:毎年1%など漸次的な消費増税に賛成=浜田内閣官房。消費増税の景気への悪影響を軽減するための2013年度補正予算編成は。財政
再建や財政構造改革に橋本政権時の1997年に消費税が3%から5%に
2%引き上げられた時も。経済にマイナスの影響が出た。第一の矢日銀の異
次元緩和でせっかく税収も回復してきているのに。増税を早くやり過ぎる
と金の鶏を殺あやめてしまう。行われている中で。現在の法人税率を
続けることは日本に投資が入ってくることを防いでいるようなものだ。

財政クイズ。財務省の資料に基づき計算すると。消費税の負担割合は。年収万~万円
世帯で%。年収万~万円世帯で%。年収万~万個人
所得税や法人税は景気変動で大きく増減するが。消費課税は増減幅が小さい。
ただし。軽減税率は消費課税が多い高所得者ほど軽減の恩恵を受けることになり
。逆進性対策の効果は限定的である。所得税の最高税率引き下げによる税収減
を補うため。近年は所得控除の見直しや相続税の増税が行われている。日本の景気『会長情報誌』。野田首相は増税派であり。所得税。法人税。消費税の増税で。この回収を考えて
いる。次の国会で。要するに。まず不況対策を優先することにより。かえって
税収が増えるという歴史上の先訓といえる。今。需要供給は20兆円の差がある
と言われている。人件費が確実に安くなり。不正なことはまず発生しない。
とんでもないことで。信長は天才ではあるが。独善的であり。魔人とも言える。

増税不況の襲来を招く消費増税に警告。の鬼門」とされている。 安倍首相にとっても,消費税増税と,その後の経済
運営は長期政権に向け⑴ 景気が良くなるというのに税収が減る奇妙な試算
とっては恐るべき「鬼門」だとも言われている。でのなり振りかまわない消費
税の強行導入であった。怒れるこのために, 州の消費税収は,かえって減 っ
てコラム10%増税。消費税増税に伴い気になるのが。増税施行前に商品購入を急ぐ消費者の動き
駆け込み需要や。施行後の消費の落ち込み反動減。過去の増税時には。
その引き上げ幅や景気の状況によって。国民の心理的負担や実際の家計に与える
影響が異なっていたようです。かえって事業者からすると。売り上げを伸ばす
きっかけになったとも言われています。一方で。消費税の導入自体には反発が
大きく。

消費税と税収の関係をさぐる2020年公開版不破雷蔵。消費税導入?増税と一般会計税収との関係度重なる消費税の税率アップが実施
?模索される理由に「財政再建」「安定税収の確保」「不公平税制の是正」「
不景気下景気を表す指標は各種存在するが。日経平均株価が一番身近で分かり
やすく。さらには税収とも深い関係があるため。今回グラフに採用した。
親会社の業績アップで子会社への金払いもよくなり。子会社の収益も向上し。
法人税税収もかさ上げされる。景気伝播の遅行性と言われているもの。

いい考えです。-1%分の財源は、大企業への増税、金融税で当てればよい。まず消費税を廃止するのが、第1歩です。中長期的効果は景気に対してないと思う。国民は「いずれ政府は減税分を増税する」と予想するから、貯蓄を増やす。個々人ではどうか。レバレッジをかけられる富裕層は短期的に富を増大させ、次の増税時いかに節税できるかである。貧困層は物価が安い生活になる。だがまとまった資金や大きな融資を受けるためには結局貯蓄を増やさねばならない。外国資本は日本国内で金融商品売り買いで為替変動より素早く利殖できる。国内で誰でも互いに同じ金額で同時に売り買いするだけで政府からお金が貰える世の中だから、コンピューター取引で億回でも京回でも急いでやるといい。いや、自分で2社作ってビジネスにした方がいいかな。何れにしても日銀の輪転機はフル回転。規制がかかるのが先か、ハイパーインフレが先か。金ゴールドを買うべきか、ドルに替えて生き残るかはご自由に、といったところ。2014年に5%から8%になって、税収は増えていますその通りになると思います。消費税ー1%ということはその分どっかでその分の税金を補填しなければいけないわけですが、消費税が逆累進性のある税金であることを考えれば、累進性のある税金を課税強化ということになり、その分、富の再配分が促進されるということになります。富の再配分は国家成長の重要なテーゼであることを考えれば、質問にある趣旨もあながち暴論であるとはいえません。しかし、消費税もとうとう2桁台になりますかね。竹下登が導入したときは将来においても絶対に消費税率は3%よりあげません、と約束してたもんですけどね。1997年橋本龍太郎が5%に増税し日本を超長期デフレスパイラルに叩き込み、先進国トップの自殺率をマークし、国家の借金を1000兆円にまで膨らました苦い経験を自民党はどう考えてるんでしょうね?税収を増やしたいとすれば、消費税なんかやめて、所得税や法人税を増やすべき。なんで格差拡大を助長する消費税を進めるのかねえ。どうせ売り上げが減るのなら、今回思い切って20%に上げちゃえば、しばらく税率上げずに済む。その分、他の税や負担を減らしてもらった方がよほどいい。外国人受け入れを増やすらしいけれど、旅行者も含めて、日本で物を買えば、消費税なら必ず払うので、払ってもらった方がいい。今回は軽減税率があるので、ある程度の調整はされると思います。旧民主党や自民党、公明党が賛成しているので、やるのは間違いないでしょう。増税の細かな方式で対案を出すべきではないでしょうか。軽減税率のやり方等です。あなたの意見と現在の案との折衷案で言えば、例えば、軽減の割合をもっと増やす。あなたの言う1%更に減らすという案はあり得ると思います。例えば、10%と8%ではなく、10%と7%にする案です。これなら、国民も議員の一部も理解はすると思います。税収は増税後も増加していますよ。特に地方税を含めた税収は過去最高になっています。そのマイナス1パーセントどこから、出るの?結局我々国民だろう。小学生レベルの発想だね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です