資源エネルギー庁がお答えします 多くの原発が止まっている

資源エネルギー庁がお答えします 多くの原発が止まっている。はい、その通りです。多くの原発が止まっていることによって、一般家庭で平均2万2000円の負担増が生じているんですか 祝。今日月15日。日本全国で全部の原発の運転が止まってから丸1年になったの
です。疑問2。原発で発電していた分。いまはどうしているの?上のグラフ
は。原発事故前の年度に原発によって発電された電力量赤色がほぼゼロ
となった分ちなみに。減少した億一般家庭万世帯分は。原発
基分の年間発電量に相当します。こうした輸入燃料を使うことは。毎年何兆
円も外国への支払い国富流出を続けることを意味します。東日本大震災からの復興に向けての意見3。図の通り。年に日本の発電量の半分を原子力によって供給するという
のが。震災前の政府の計画であった。原子力はゼロ?比較的多くの論者がこの
ような主張をしており。「現実主義派」と呼ぶことができよう。 この場合。火力
電気事業連合会の関係者が。政治家を廻って原発推進を説いているとも聞く。
フランスの更に。平均気温度の近似値を探したところ。年月の度
があり。この時の販売電力量は億であった。従って。もし

資源エネルギー庁がお答えします。年当時に比べると。太陽光発電を中心として再生可能エネルギー再エネ
の発電量が増えていることは炊き増し」。つまり。これまでより多くの燃料を
使って多くの電気をつくり。原発の不在分をまかなっているのです。全国の
原発がストップする前の年度と比べると。一般家庭では年間約万円。中小
企業では年間約万原発への依存度がもっとも高い水準にあった関西電力
などでは。震災後。度も値上げをすることにつながってしまいましたエネルギー懇話会[エネルギー?環境教育セミナー。日本のような島国で。自国にエネルギー源を多く持たない国は。取りあえず持っ
ている技術は全て手中に入れておかなければいけません。元首相は「原発は
止まっているけれども。何も起きていないではないか」と言われますが。密かに
起きていることがあるというついでに申し上げますと。エネルギーコストの
上昇の痛みは。実は地域によって結構異なります。今では一般家庭の賦課金の
負担が年間万円にのぼるようになり。ドイツでもさすがに問題になってきてい
ます。

詳報与野党党首ら討論会6/19ページ。首相「まず原発ゼロでありますが。これは責任あるエネルギー政策とは言えない
と考えています。今。多くの原子力発電所。原発が止まっていることによって
ですね。一般家庭で年平均2万2000円のご負担増が生じており

はい、その通りです。民主党時代に、法的にも科学的にも根拠も無いまま原発を止めてしまったために、電気料金が家庭用で20%、産業用で30%も上昇してしまいました。2人世帯でも、電気代は年間で10万円程度ですので、年間2万円程度の負担増が生じたということです。しかも、年間で約3兆円累積では約20兆円という国富が化石燃料費として海外に流出してしまったのです。景気が思うように良くならない原因です。そして、国民負担というのであれば、もっと負担しているのが再エネの負担金であり、今年度は年間3兆円を超えていますので、国民1人当たりで年間、3万円も負担しているのです。世帯平均では年間7万5千円そして、いつものように、下の「放射脳」は科学的事実も、客観的事実もない「放射脳」の妄想ばかりです。再稼働する原発の発電コストは、建設費の減価償却がほぼ終わっているので5円/kWh程度です。売電価格が家庭用、産業用で平均19円/kWhであり、この内6円/kWhが送電網などの固定費なので、原発での利益は8円/kWhです。100万kWhの原発で、年間、600億円の利益があり、これ以外に化石燃料費の削減が年間300億円ありますので、原発が稼働すると、電力は年間で900億円ぐらいの収入増になるのです。数千億円の安全対策費など、3年で回収できるので、営利民間企業の電力が再稼働を目指しているのです。「放射脳」は、電力が民間会社、営利企業であることさえ分かっていないのです。その意味は、原発が稼働しなくても、維持費に1兆円、減価償却費に1兆円、合計2兆円と火力発電の稼働に寄る追加燃料費3兆円がかかりますが、原発全再稼働をしたら追加燃料費の負担が消えると言う事だと思います。減価償却費は会計上の処理であって、40年かけて損金計上します。建設費については日本の原発は20年足らずで回収しているので損金計上しても資産になるだけです。早期に投資回収しても法律通り減価償却をする事によって内部留保が蓄積されて新規原発の建設費も捻出できるのですところが実体は10数年で回収したという事は利益がでたので回収にしたという事でしょう。維持費と減価償却を無駄にしない様に全再稼働したら、原発がそれらの経費を稼ぎ出してなお儲けも出て、ある程度出たら電気料金を値下げも出来るのです。実際に九電も関電も原発再稼働に伴って電気料金を値下げしています。電気料金請求書に燃料調整費と言う項目が乗っていると思いますが、今はいくらかプラス表示になって、電気代に加算されています。電気料金を値上げしたらゼロにする事が出来るのですさらに再エネ賦課金が2円90銭ですが、再エネを買い取るために全国民から徴収しているのです。そのニュースは実際にどういう風に言っているのか分かりませんが、その見積もりは安いと思います。事故前の状況に戻せば一般家庭では3万円以上は年間で安く出来て、産業用電気料金は3分の2にも出来ると思いますよ。単純に追加燃料費、2兆5千億円のところを、日本の世帯数5千万、家庭用電気料金は8000億キロワットでキロワット27円、産業用は2000億キロワットでキロワット18円と設定して家庭用を1兆5千億円、産業用を1兆円マイナスすると、そんなもんでしょう。そんなことはありません。逆に、福島事故の賠償を、都民らが払わされている分けで、その分上乗せされている分けですね。原発利権者が大好きな大好きな愛してやまない原子力発癌発電装置がメルトダウンし、爆発して吹き飛んでしまい、危険性もバレて急遽エネルギー転換を迫られこの結果です。原子力発癌発電装置の危険性もバレ、柏崎刈羽原子力発癌発電所でも6000億円もの巨額な経費を掛けても安全とは言えない状態で金を捨てるのみで、びた一文発電していません。廃炉にした方が傷口を小さく収められるのですが、見ての通り、原発利権者が必死に駄々をコネ続けています。菅総理が真っ先に停めてくれた浜岡砂丘に建つ柏崎刈羽原発や女川原発並みのユルユル地盤に建つ浜岡原発も4000億円以上掛けても安全とは言えない状態で、勿論、再稼働不可能です。全ての原爆発電所に巨額な経費を掛けていますが、税金や電気代にのし掛かっています。東京電力福島原子力発癌発電所がメルトダウンし、爆発して吹き飛んだ事故で、100兆円掛けても除染も不可能な事が判明し、殆ど諦め状態で、我慢を続けるのみの我が国です。子供たち『も』癌だらけになってしまいましたが、その賠償もされず原子力発癌装置推進の政治家は被曝の影響とは口が避けても絶対に言いません。それどころか、子供たちの検査『も 』阻止した輩までいるのです。被曝から数ヶ月後の宮城県や福島県の子供たちは、調べても調べても調べても、1人も甲状腺癌の子は見つかりませんでしたよね。東京電力福島原子力発癌発電装置がメルトダウンし、爆発して吹き飛んだ事故により、爆心地を中心とし、北海道の魚や静岡県、山梨県、長野県までの広域に出荷規制が出た原子力災害だ。その結果がこれなのですよね。↓■環境省ホームページ環境省3県調査平成25年3月特定非営利活動法人 日本乳腺甲状腺超音波医学会甲状腺腫瘍等の保有率A2判定年齢別、性別3~5歳■長崎、男、15,4%、女、11,5%■山梨、男、77,8%、女、62,5%■青森、男、23,1%、女、44,0%6~10歳■長崎、男、35,0%、女、37,1%■山梨、男、66,3%、女、69,7%■青森、男、63,2%、女、64,7%被曝から数ヶ月後の宮城県の子供たちの甲状腺A2判定は、まだ1割台と可愛いものだった。福島県の子供たちも、まだその時点では2割台。だが、被曝から時間の経過に伴い激増し続け、福島県の民間病院の調査では7割台にまで悪化。被曝から二年目に、甲状腺癌の子が見つかりだし、被曝から三年目に甲状腺癌の『激増』が、始まってしまいました。これ、賠償どうする?まだまだ見てみぬフリを続けるのも大変だな。。国民の大半の有所見率が上昇し、健康です!問題ありません!と言える国民が殆どいなくなってしまいました。チェルノブイリの高線量地域と同じじゃねえか。■小児甲状腺がん少なくとも273人?福島サポート事業で判明原発事故後、福島県で実施されている小児甲状腺検査をめぐり、今年3月までに「甲状腺検査サポート事業」で医療費を受給した患者233人のうち、手術後に甲状腺がんではなかった5人を除くすべてが甲状腺がん患者であることがわかった。県議会の答弁で判明した。検討委員会のデータと合算すると273人となり、これまで公表されていた人数を大幅に上回ることとなる。↑これの続報が下のものです。↓■甲状腺サポート事業「全員甲状腺がん」は誤りと謝罪?実態は不透明福島県が実施している甲状腺検査で、治療が必要となった患者に支給している「甲状腺サポート事業」をめぐり7日の常任委員会で、県の佐藤宏隆保健福祉部長は「医療費を交付した233人は全て甲状腺がんまたは疑い」との12月議会の答弁が誤りだったと謝罪したまた12日の委員会でも、佐藤部長は、「極めて重要な検査の数値の答弁を誤った」のは、「決して小さくない」「本来あってはなならいこと」と弁明した。一方、医療費を交付している233人のうち、手術を受けた82人以外が、どのような患者なのかについては明らかにしなかった甲状腺検査サポート事業の交付実態、不透明なまま大人も厳しい被曝をしています。懸念は甲状腺癌だけではありません。他県の子供たちの大規模調査『も』、国会映像を見ての通り、原発利権者の安倍が却下し、そのままです。原発利権の甘い汁をすすり続けたいのも多くの国民が知っていますが、せめて、子供たちの命だけでも、見逃してほしい。福一の廃炉費用と保障費及び原発の維持費が上乗せされているのは事実ですね。普通であれば、原発を諦めて、再エネの開発?建設にお金を使うのであろうが、政府と経団連の圧力か、電力害社は再稼働にひた走っているのみだ。故に、その費用をさも化石燃料のせいで電気料金が上がっているかの様に風評を流布しているのです。勿論、化石燃料は輸送費分を含めると高くなるが、それは自身で再エネ開発をしない電力害社の原発を再稼働させるための言い訳にすぎない。火力発電と原発でそこまでコスト差はないはずですただし「電力会社に」原発資産の不稼動損害は発生していますそして燃料輸入によって国富と雇用が流失していますただ再起動して 事故を起こした場合不稼動損害の数倍の規模の セシウム汚染損害が「原発半径300kmの住民に」出ますね結局、1事故が起きた場合の 緊急応急修理体制の整備 特に自衛隊に原発消火の緊急展開部隊を設置すること2国営の事故賠償保険の設立などによって 事故損害48兆円 電力会社の資産6兆円という あまりに低すぎる賠償資力を、事故賠償責任保険で カバーするという制度的努力が必要ですが電力会社が それを嫌がるわがままのためにうまくいってませんねたしかに福一事故の諸経費とサイカドー諸経費がでかすぎるからな。全部付け回されておるんだぞ。それは「原発推進論者」が使う「嘘?ゴマカシ」です。原発がすべて稼働していた時期より、現在の方が燃料輸入代金は増えていません。 電気料金は「原発稼働に向けての補強工事防潮堤など」が原因で増えているのです。現在稼働していない多くの原発のためにも、1基あたり数千億円の工事が行われています。その工事代が電気料金に上乗せされているのです。電力が使えなくなっているわけではありませんから負担が増えているわけではありません。負担する料金の妥当性については多くの原発が動いていても問われるべき問題です。自分達の不祥事や貰い過ぎの給料を消費者にそのまま転嫁している東電の社会的責任がいかに大きいかと思い知らされ、とても腹が立ってしまいます。電力会社の利益分も上乗せされてです。これで原発廃炉となるとその文も上乗せですからね?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です