遠藤守ダイアリー 明日から参議院選が告示されます 公明党

遠藤守ダイアリー 明日から参議院選が告示されます 公明党。安倍自民党の中身も、生長の家や神社等の日本会議です。明日から、参議院選が告示されます 公明党の中身は、創価学会です これは、政教分離違反では れいわ。政治団体「れいわ新選組」の山本太郎代表参院議員は2日。東京都内で記者
会見し。公明党の支持母体?創価学会員の野原善正氏59を参院選で擁立
すると発表した。 野原氏は。昨年9月の沖縄県知事選で。公…国会を去る最長老。今回の参院選に立候補せず。日の任期満了で政界を引退する議員が人いる。
衆参両院を通じて最年長。歳の草川昭三?公明党副代表もその一人だ。公明党
が自民党との連立政権樹立に踏み切ったのが年。その素地プレミアムレーザータッチ。プーマ。サッカースパイク。「モダンクラシック」がコンセプトのキング
シリーズ。ドイツで開発され。スポーツ業界で初めてに特別供給された
最新テクノロジー「」を採用。ストライクゾーンにはカンガルー
レザー

公明。月日に行われる衆議院議員選挙では。自公連立政権として選挙戦を行ってい
ます。 東京では区において。公明党の太田あきひろ前国交大臣が
出馬しており。自民党の推薦をいただいております。 また。荒川区を含む区遠藤守ダイアリー。恒例の憲法街頭 // わが党恒例の。憲法記念日街頭演説を夕刻。JR
蒲田駅前で行いました。これには先の区議選で初当選した新人議員ら区議会
公明党メンバーが勢ぞろいしました。 私もマイクを握り。公明党の憲法改正
に関する

安倍自民党の中身も、生長の家や神社等の日本会議です。自民党も政教分離違反です。少なくとも日本国憲法の政教分離原則には違反していませんよ政教一致とは、政府が特定の宗教に肩入れし、予算をそのために使う、教育行政に宗教教義を採り入れたり、国の国教として指定し、布教することです。ヨーロッパにも、キリスト教民主同盟のような政党はありますが、その線を越えないで、身内内で信仰し、政治的な活動の根拠にすることは違法行為ではありません。日本では、自民党が神社本庁や靖国神社から支持され、優遇したり、宗教的な行事に政治的な関与や予算が使われ、度々批判されています。だから、可能性としては、公明党が政権の中心になれば、あり得ない話ではなくなります。安倍総理は、特定宗教である生長の家の教義である「親学」を教育行政に持ち込み、一部で非難されていますが、総理自身が親学推進議員連盟の会長であることから、当然あらさまな政教一致になるとの指摘もあり、公明党なんて可愛いレベルです。またぞろ、創価学会?公明党を快く思わない者による感情的論難ですか。よく飽きないものですね。創価学会を嫌悪し憎む勢力が、創価学会攻撃に好んで用いるお気に入りの“口上こうじょう”の一つに、「学会と公明党は政教分離に違反している」との論理に基づく「政教一致」云々の難癖がある。創価学会は公明党を使って、“日本を乗っ取ろうとしている”“国教化を目指している”“池田の野望を実現しようとしている”という言いがかりである。確かに、公明党は創価学会を母体として作られた政党ではある。昭和37年に公明政治連盟公政連が発足。その後昭和39年に、公政連は「公明党」に発展したのである。母体は創価学会ではあるが、運営面、経済面などでは別個の存在である。したがって、「公明党の中身は創価学会である。よって政教一致である」という論難は、一切成り立たないのである。「政教一致」という言葉の“創始者”は、某左翼党系の宗教学者といわれている。昭和39年の公明党発足の翌年に「これは政教一致運動である」と彼が論難したのがその始まりである。そこには、創価学会という宗教団体を支持基盤にした政党の進出に対する、危機感と反感、嫉妬が色濃く反映されている。政治家の中には選挙の時になると、盛りのついた猫が鳴き騒ぐが如く、この「政教一致」のデマを持ち出して大騒ぎするのがいる。曰く、「創価学会は政治に口出しせずに、山にこもって修行でもしていろ!」。宗教者の政治参加の何が問題なのか。信教?結社?政治参加?思想良心の自由も、みんな憲法に保障された権利なのだ。それを否定するというのは、それこそ憲法違反なのである。「宗教者は社会から離れて、内面の世界に閉じこるもの」。そういう無知?偏見に満ちた宗教観も、学会に対する「政教一致」攻撃の原動力となっているのであろう。しかし、真の宗教とは、社会に積極的に関わるものである。社会を良くしよう、人々の幸福に貢献しようとの、やむにやまれぬ心情の発露なのである。これを「立正安国」の精神という。それを「乗っ取り」だの「国教化」だのと歪曲する連中には、到底分かるまい。憲法第20条の「政教分離」原則とは何か。国家権力が特定の宗教に肩入れしたり、それを国民に強制するようなことを禁止するというのが、その意味なのであり、宗教が政治に関わることを禁止したものではないのである。政府内の「憲法の番人」たる歴代の内閣法制局長官も、国会で「宗教団体と国政を担当する者は別個の存在なので、違憲ではない」「宗教団体が支援している政党が政権に参加しても、憲法の政教分離の原則に反しない」等と、明確に答弁しているのである。にもかかわらず、あくまで「政教分離違反」「政教一致」と言い張るのならば、アンチ学会の面々は、この内閣法制局長官の答弁を覆すような“名答弁”を、納得のいくように世間に向って是非すべきなのである。政界の蝙蝠こと公明党は、確かに政教分離に実質上違反していますが、与党が、一人ぼっちになるのが怖くて黙認しているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です