1からわかる 今度の参議院選挙の争点は何ですか 憲法改正

1からわかる 今度の参議院選挙の争点は何ですか 憲法改正。私はそもそも争点というのはマスコミなどで統一されるものではなく、個人でそれぞれ決めることだと思っております。今度の参議院選挙の争点は何ですか 憲法改正、年金不足問題、消費税10%の他にもありますか 図解?政治参院選2019出口調査?比例代表の投票先で重視した。グラフィック?図解。 21日投開票の参院選で時事通信が行った出口調査による
と。有権者が最も重視した政策分野は「年金?介護?医療」で。全体の23.9
%を占めた。金融庁報告書の「老後2000万円不足」問題を老後2000万円は手の届く数字。に第回参議院選挙が行われました。 今回の選挙の争点として。
消費税の引き上げ増税 日本国憲法改定 年金制度?老後不安を含む社会保障
などが挙げられます。 消費税増税や社会保障など。直接私たち[参院選2019]7党の公約一覧。社会保障?教育?女性など ▽人生100年時代に対応した年金制度の構築に向け
。厚生年金の適用拡大や受給開始時期の選択肢の拡大などを進める。 ▽低収入の
年金生活者に年最大6万円の福祉給付金を支給する。 ▽幼児

憲法改正?年金?消費増税。4日公示された参院選は。消費増税や憲法改正の是非をめぐり。与野党の主張が
激突する構図となった。金融庁の審議会報告書が提起した「老後不安問題」も。
大きな争点となりそうだ。安倍政権の外交姿勢や。経済の足…参院選の争点は「老後2,000万円足りない問題」だったけど。どのメディアの調査でも。概ね年金を気にしている人の割合が一番になってい
ます。 概ね「年金?社会保障」がトップ。2位が「景気?雇用」。3位が「消費
税増税」。1からわかる。ニュース 1からわかる参議院選挙投票日は月日。最終回は。
政治を動かしたこれまでの参議院選挙と選挙の争点についての解説です。「老後2000万円争点」50%。共同通信社は26。27両日。来月の参院選の有権者動向を探るため全国電話
世論調査第1回トレンド調査を実施した。比例代表の投票先は。自民党が
28?8%で最も多く。立憲民主党の9?0%が続いた。

老後2000万円不足は何が問題なのか。月に出した金融庁の老後生活で万円不足するという報告書は。参議院選挙
の争点にもなったが。国民には少なからぬ衝撃を与えた。しかし。問題は。ただ
の試算なのに。間違った方向に進もうとしていることだ。参院選。第回参院選は日。投開票される。日間にわたる選挙戦は年金や憲法改正。
月の消費税増税などが論点になった。年月の発足から年半以上続く
安倍政権が再び信任されるかどうかが問われる。自民。公明両党

私はそもそも争点というのはマスコミなどで統一されるものではなく、個人でそれぞれ決めることだと思っております。私は、簡単に記せば「こそこそ隠れて逃げる政権か、それに対抗する野党か」という感じですかね。第一、内部留保?企業競争力第一か、生活?家計?くらし第一か。第二、兵器の爆買い、安保法制など憲法破壊政治か、立憲主義政治か。第三、民意無視の強行採決?強権独裁政治か、民意、合意形成重視の民主政治か第四、官邸独裁の行政か、行政の民主化か。あえていうなら憲法改正のうむでしょうね。年金不足は財源はなにと聞きたいし、今回大きく報道されただけで2~3年前からいわれていたことです。また庶民は年金少ないならそれだけで何とかやり繰りしていくでしょう。消費税10%は今あげないと社会保障に影響するし、海外の日本経済の信用度が落ちるので、海外からの投資資金がショートするので景気がさらに後退するでしょう。年金と消費税は争点に成らんかと、野党に解決する方法が無いんだから。上げても醜い潰し合いが待っているだけです。日本なんてそんな国です。年金不足問題を争点にして批判すれば さらなる消費税増税か 年金保険料増額に行き着きます。議論の方向性を一歩間違えれば 今の高齢者を助けるために更に負担を現役世代に求めるという姿勢に観えてしまい支持を失います 政党の存亡にも発展する話になります。財源の裏付けがない話には もう国民は騙されません争点は特にないです。あえて言うなら憲法改正ですがこれまでも言ってきてることなので。年金は争点にならないです。対案がないから。消費税は三党合意で決まったこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です