indesign インデザインCS5 5のルビ機能で 記

indesign インデザインCS5 5のルビ機能で 記。ルビに全角文字が使われていないと、記号によっては英数字扱いになり横に倒れるInDesignのバグです。インデザイン(CS5 5)のルビ機能で、
記号(▼)と算用(二桁の)数字を併用すると(▼)が
勝手に回転してしまい困っています
この現象(回転)を回避する(回転しない)方法がわかりません 分かる方がおられましたら、どうか教えてください
どうぞよろしくお願いいたします

18 11 20 manetamu_memeNo。では[文字]パレットから[圏点]を選択する事により。様々なタイプ
の圏点を簡単に適用することができまた[圏点文字]で[カスタム]を選択
すると。デフォルトで用意されている圏点以外にも。様々な文字や記号を圏点
々」や「〃」に対して圏点を使用したい場合には。ルビ機能を使って圏点を付け
ましょう。

インデザインCS5。InDesignで文字のルビをつける方法。で文章を書く時に読み方が分からない漢字や。本来の漢字と違う読み方
をさせたい場合に必要になってくるのが「ルビ」。つまり。ふりがなの事です。
では。選択した文字に対してルビを入力する機能がIllustratorやInDesignの「上付き文字」「下付き文字」。にもにも文字パネルメニューに「上付き文字」「下付き文字」
があります。 ※フォントの機能とは別です。左。 ファイル
/ドキュメント設定/文字オプション 右。 環境設定/高度なテキスト/文字
設定 しかし。その適用結果の見映えには大きな隔たりがあります。プラスの
トラッキングのかかった文字列とルビ筑紫明朝系で「あけおめ?ことよろ」を
組んでみました… 月別アーカイブ ▽ ? / ▽ ?

第6回「InDesignではルビや圏点。今回は。ルビや圏点。縦中横。段落境界線。段落の囲み罫と背景色といった機能
を解説します。これらの機能は。には搭載されていないものも多く。
とくに[自動縦中横設定]は縦組み時に必須の機能です。indesign。合成フォントは「英数字とハイフンのみ」で命名する –
不思議でやっかい世の中; で追試していて。合成フォントの漢字を
という中文 フォントにしてみたところ。以下のように
求める …? – で。 親文字と違うフォントのルビを付けたい
で本文親文字にルビをつけのやアプリの日本
語のフォントが四角や謎の記号に文字化けしてしまうことがあります。

ルビに全角文字が使われていないと、記号によっては英数字扱いになり横に倒れるInDesignのバグです。最新のCCでは直っています。昔のバージョンのInDesignでは、見えない全角文字を入れることで対策できます。ルビのスペースが3文字になるので位置設定の調節が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です